写真好きな人のためのカメラ専門講座

Sony(ソニー)α6300/α6000シリーズを高く売るコツと高価買取店は?

WRITER
 
Sony α6000シリーズを高く売る記事のタイトル画像
この記事を書いている人 - WRITER -
CAMERAコーディネーターのサイト運営者『かめこ』 「写真」を通して見た人の世界を広げられるようにをモットーとし、カメラの使い方などをお伝えしていきます。

Sonyのミラーレスカメラ α6300を高く売るにはどうすればいいんだろう?

悩む男の子

今回はSony(ソニー)α6000シリーズを手放したいあなたむけに、より高値で売るポイントと高価買取店を教えます!

 

Sony α6300やα6500は、α6000シリーズのミラーレス一眼カメラです。高性能なミラーレスカメラの中でも、手が出しやすい価格帯であることから初心者に人気で、ミラーレス機1台目に持っている方が多い機種でもあります。

そんなミラーレス初心者向けのカメラですが、使っているとどうしても『α7シリーズ』や、色味の深い富士フィルムの『Xシリーズ』を使いたくなってきますよね。

 

「でも1台目だし……初めてのカメラは大事にしておきたい」

 

これは本当に良いことです。

私も初めてのカメラは大事に扱ってきましたし、使用後にはメンテナンスをして大切にしました。

かめこ

せっかくの一台目のカメラなので、思い出の品として持っておくのも良いかもと思ってました。

ですが、考えてみたら……

  • データとして写真は残っている
  • 一眼カメラの使い方、撮影テクニックを学べた

こんな風に考えにふけっていると、「今このまま使わないで保管しているくらいなら、必要としている人に大切に使ってほしい!と思うようになりました。

あなたもそんな風に思いませんか?

かめこ

そこで今回は使用することのなくなった、Sony α6000シリーズの一眼カメラを必要としている人に譲るか、業者さんに買い取ってもらうための記事です。

周りに欲しがっている人がいないし、せっかくなら売ってみようかな。

でもどこが良いんだろう?

悩む男の子

 

そんなどこで買い取ってもらうか悩んでいるあなた向けに、これから私が提供する「高く売る3つの方法」を実践し、オススメの買取専門店で査定してもらうことで、今のカメラ状態の査定見積額よりも高く売れることに期待できます!

せっかく売るなら『楽で』『手軽で』『より高値で』の三拍子そろっている方が良いですもんね!

それでは、より高値で買い取ってもらうためにぜひ最後まで見てくださいね!

 

Sony α6000シリーズ いつ売る? どこで売る?

日本カメラメーカー大手のSony(ソニー)が初心者向けの一眼レフカメラ、α6000シリーズは計4機種あります。

 

  • Sony α6000 ※2014年3月
  • Sony α6300 ※2016年3月
  • Sony α6400 ※2019年2月
  • Sony α6500 ※2016年12月

※印は発売月

 

気になる買取事情ですが、家電量販店ではにSonyミラーレス機のミドル帯価格主力カメラなので、市場全体的にもこれから新たな趣味として始める社会人や、中高生の部活で使いたい人などに人気で需要も多く、大幅に値崩れしない特徴があります。

 

Sony機種ではハイエンドの『α7シリーズ』、ミドルレンジの『α6000/α5000シリーズ』で本体価格が二極化しています。

とはいえ、カメラ業界では2018年よりミラーレスカメラの勢いが伸び、Sony以外のCanonやNikonでも主力機種として続々と新機種が発表されているのが現状です。そのため、発売してから数年経過するα6300やα6500は確実に買取額が下落していきます。

また、2019年2月に新モデル『α6400』が発売されました。これはα6300の後継機にあたるため、『α6300』の買取価格が下がる要因となりました。α6000、α6500の後継機の発表はまだですが、後継機が発表されるとそれらの価値、買取額が下がると予想されます

 

Sonyに限らず、CanonやNikonでの2台目、3台目のミラーレス機を検討中の方は早めに売却した方がお得に乗り換えられるでしょう。

 

高性能カメラの買取なら『オンライン査定』がおすすめ!

写し屋

オンライン査定の最大の魅力は、「事務手数料が全てタダ(無料)」であることです。

※一部有料の会社もあります。

 

ここでの『オンライン査定』とは、カメラ専門買取店の方に実物を見てもらい査定してもらう方法です。

 

「売ることを検討しているけど、なかなか時間がない……」

「オークションとか気になるけど、面倒だ」

などなど、忙しくてあまり時間を取れないあなたにピッタリなのが『オンライン査定』です!

※オークションでの売却を検討している方へ↓

【カメラを売る】オークションが一番高く売れるけどオススメしません

 

オンライン査定であなたのカメラを査定してもらう方法は、以下の3つから選べます。

  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 来店買取

 

来店買取は実在する店舗へ行くことになります。BOOKOFFやキタムラ、リサイクルショップなどへ売りたいものを持っていくイメージです。少し面倒ですよね。。

出張買取は、実際に写屋のスタッフさんが自宅まで伺いに来きます。つまり、手間を一切省いて売ることが可能です。ただ、来訪での買取なので家の中で査定をすることがほとんどです。出張買取が一番楽で魅力的だけど、面と向かって対応するのが面倒な場合は宅配買取で取引をしてもらいましょう。

 

宅配買取は、お問い合わせ後に「宅配キット(専用の梱包できるダンボール)」が郵送で送られてきます。

なので、カメラやレンズ箱に詰めて郵送するだけでとても楽チンな買取方法でおすすめです! 梱包材料や振動を抑えるのに必要な緩衝材などの用意が一切不要なので余計な手間とコストが0なのが嬉しいポイントです!

※写屋はリピート率も高いのが特徴です

 

Sony α6000シリーズを高く売る3つの方法

一眼レフカメラの見た目をキレイにしておく

査定に出す前にα6000シリーズのカメラをクリーニングすることは非常に重要です。

カメラをクリーニングするだけで、

  • 買い取り業者の印象が良くなる
  • 買い取り業者が負担するクリーニング代を省け、査定額アップに期待できる

 

買い取り業者の査定には、あまり時間をかけません。

そのため、何よりも大事になるのは第一印象である見た目です。

パッと見でわかるホコリはNGです。あなたにできる範囲のクリーニングをして高価買取を実現させましょう!

 

充電器などの付属品をすべてそろえる

査定時には、カメラ本体に付属していた充電器や説明書を必ず揃えてから出しましょう。

「説明書が見当たらないからいいや!」

「充電器は使うかもしれないから査定には出さないでおこう。」

これらはNGです。なぜなら、買い取り業者もあなたが買い取ってもらった後に、転売するからです。あなたも中古で何か買うとき、説明書や充電器の何もないものを買うよりも付属品が完備している物を選びますよね。

 

紛失した場合や、どうしても出したくない場合以外では、付属品を完備して査定に出すようにしてください。

そうすることで、買取価格UPに繋がりますので◎

 

α6000シリーズをできるだけ早く査定に出す

α6000シリーズの新モデルが発表されると、旧モデルの買取価格は大幅に下がってしまいます。理由は、よりスペック上位の機種の登場により、α6000シリーズで一番新しいα6300でも需要が大幅に下がるからです。

例えば、2016年に発売された名機のSony α6300と2019年に発売されたα6400だったら、どちらが高く売れるでしょうか?

当然ですが、α6300よりも2019年に発売されたα6400です。

今後使う予定のないα6000シリーズは、家で眠らせておくよりも早ければ早いほど高価買取に期待できますよ!

 

不要なレンズやカバンもあるならまとめて出す

α6000シリーズを査定に出すときよくあるキットとレンズ一覧

レンズキット一覧

  • ILCE-6000L(パワーズームレンズキット)同梱レンズ
  • ILCE-6000Y(ダブルズームレンズキット)同梱レンズ
  • ILCE-6300L(パワーズームレンズキット)同梱レンズ
  • ILCE-6300M(高倍率ズームレンズキット)同梱レンズ
  • ILCE-6400L(パワーズームレンズキット)同梱レンズ
  • ILCE-6400M(高倍率ズームレンズキット)同梱レンズ
  • ILCE-6400Y(ダブルズームレンズキット)同梱レンズ
  • ILCE-6500M(高倍率ズームレンズキット)同梱レンズ
よくあるレンズ一覧

  • E 18-135mm F3.5-5.6 OSS(SEL18135)
  • E 55-210mm F4.5-6.3 OSS(SEL55210)
  • E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS(SELP1650)

当てはまらなくても、使用しないレンズを一緒に出すことで買い取り額アップにつながりますよ!

かめこ

 

Sony α6300やα6500などの買取の際に、それ以外の商品も合わせて買取を依頼すると買取価格は上がります。

なぜなら、オンライン査定をしている買取業者は一度にたくさんの商品を輸送できると、輸送費の節約をできると考えるからです。

査定のご連絡の際に、備考欄などに「自宅に○○もあるので、この商品も合わせて査定して(買い取って)ほしい」とお気軽に言ってみて下さい!

 

オススメの買取専門業者3選!

星の数ほどある業者から、特にオススメの買取専門業者を3つ選びました!

かめこ

 

中でもオススメなのは『写屋』です!
※事務手数料が一切無料

 

カメラ買取「写屋」

写し屋

写屋の最大の魅力は、「事務手数料が全てタダ(無料)」であることです。

写屋で買い取ってもらう方法は、以下の3つから選べます。

  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 来店買取

 

来店買取は実在する店舗へ行くことになります。そのため、キタムラやリサイクルショップなどへ売りたいものを持っていくように手間が発生しますので、おすすめは宅配買取か出張買取のどちらかです。

出張買取は、実際に写屋のスタッフさんが自宅まで伺いに来きます。つまり、手間を一切省いて売ることが可能です。ただ、来訪での買取なので家の中で査定をすることがほとんどです。出張買取が一番楽で魅力的だけど、面と向かって対応するのが面倒な場合は宅配買取で取引をしてもらいましょう。

 

宅配買取は、お問い合わせ後に「宅配キット(専用の梱包できるダンボール)」が郵送で送られてきます。

なので、カメラやレンズ箱に詰めて郵送するだけでとても楽チンな買取方法でおすすめです! 梱包材料や振動を抑えるのに必要な緩衝材などの用意が一切不要なので余計なコストと手間がないのが嬉しいポイントです!

 

査定額をみて気に入らなくても、出張手数料や査定手数料などの事務手数料が全てタダなので、実店舗に行くより写屋のサービスで査定してもらっちゃうのがかなりお得です!

かめこ

そんな写屋で買い取ってもらうのは下のボタンから↓

※写屋はリピート率も高いのが特徴です

ページジャンプ後は下部にある査定依頼フォームから好みの買取方法を選択してくださいね。

 

カメラ買取「カメラ高く売れるドットコム」

カメラ高く売るドットコムの画像

カメラ高く売るドットコムの最大の魅力は、「申し込みから〜入金」までの流れがおそらく業界で最速なところです。

なので、今すぐお金が欲しいときに便利なのが魅力ポイントですね。

カメラ高く売るドットコムで買い取ってもらう方法は、「写屋」同様に以下の3つから選べます。

  • 宅配買取
  • 出張買取
  • 来店買取

 

また、サイト内で事前査定もできます。

ここで注意してもらいたいのが、事前査定価格と実際の査定価格は状態によって大きく変わる可能性があることです。

事前査定の結果をみて期待してカメラを送ったのに、実際に買い取ってもらえる価格が落ちることは珍しくないです。

(事前査定価格はあくまで目安で、新品状態の値段だと思った方が良いですね。)

カメラ高く売るドットコムで買い取ってもらうのは下のボタンから↓

ボタンから買取価格を調べるで必要事項を入力してくださいね。

 

カメラ買取「アローズ」

アローズの最大の魅力は買取金額UPの期間限定セールをときどき行なっていることです!

より高く売りたいなら、セールをやっているかどうかをチェックして販売すると他店よりちょっと高く売れるかもしれません。

 

ただ、1つだけで注意してもらいたいことは、査定後にキャンセルすることで返送料が発生することです。

もう手放したい! という方は、逆に返送料のかかるアローズを選ぶと決心がつくので売りやすいです。

かめこ

そんなアローズで買い取ってもらうのは下のボタンから↓

※アローズはカメラ買取業界大手です

ボタンから宅配買取を選択し、必要事項を入力してくださいね。

 

【まとめ】まずは全額無料でできる宅配・出張査定へ!

Sonyのミラーレス一眼カメラα6000シリーズ、α6300やα6500などをより高く売るための3つの方法と、おすすめの買取専門業者を厳選して3つお伝えしました。

高く売るポイント
  • 一眼レフカメラの見た目をキレイにしておく
  • 充電器などの付属品をすべてそろえる
  • α6000シリーズのカメラをできるだけ早く査定に出す

 

 

「今後使う予定がない。」

「手放すを悩んでいる……」

そんなときはぜひ一度査定に出してみてくださいね。

無料で、しかもスマホでも手軽に査定に出すことができるからオススメです!

この記事を書いている人 - WRITER -
CAMERAコーディネーターのサイト運営者『かめこ』 「写真」を通して見た人の世界を広げられるようにをモットーとし、カメラの使い方などをお伝えしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© かめこ , 2019 All Rights Reserved.