写真好きな人のためのカメラ専門講座

【子供の安全に防犯カメラを!】簡単に設置できる防犯カメラを紹介【おすすめカメラ】

WRITER
 
防犯カメラのおすすめのタイトル画像
この記事を書いている人 - WRITER -
CAMERAコーディネーターのサイト運営者『かめこ』 「写真」を通して見た人の世界を広げられるようにをモットーとし、カメラの使い方などをお伝えしていきます。

今回の記事は、自宅に簡単に設置できる防犯カメラで子供の安全を確保できるような監視・防犯カメラを紹介します。

 

防犯カメラって最近注目されてますよね。

しか

そうだね、ドライブレコーダーなんかもそうだけど、もしもの時に備えて設置する人が増えてきているよ。

かめこ

友達に相談されたんですが、共働きで家を留守にしているときに子供が心配らしく、何か良い防犯対策とかありますか?

しか

対策だったらWebカメラとかダミーカメラとかいくつか案があるから教えるね!

かめこ

ということで、共働きで家を留守にしている間の子供のための防犯対策について紹介していきます。

 

防犯対策は多ければ多いほど良いですが、その分コストがかかることも頭に入れておかなければいけません。

何をどのように対策をしたいのか? 何を一番守りたいのか? をハッキリさせることが防犯カメラを設置するうえで一番重要です。

そこで、防犯カメラを設置することで期待できることをまずは説明していきます。

 

今すぐおすすめの防犯カメラが知りたいという方は下記リンクからジャンプしてくださいね。

簡単に設置できるおすすめの自宅用防犯カメラ2つ!

子供の身を守るための防犯カメラに期待できること

子供の安全を守るための防犯カメラに期待できることは数多くあります。中でも代表的なのは以下の3つです。

  • 働いて家を空けている間の状況を確認できる
  • リアルタイムで屋内の状況を確認できる
  • 玄関前に設置することで不審者にけん制できる

 

この3つの状況について詳しく説明していきますね。

 

家を空けている間の状況を後から確認できる

共働き中の夫婦にとって一番心配なのは、家を空けているときに発生するトラブルです。

そのトラブルを防犯カメラを設置することで、泥棒や空き巣、ストーカーなどの不審者が何か悪さをしたときに有効的となります。

 

防げるトラブルもあれば、車の当て逃げや悪意のない近所の子供のいたずらによってトラブルと認識する出来事もあります。

そんなときに役立つのが防犯カメラで、起こってしまった出来事の犯人を捜す手掛かりになり、本来失うはずだったお金が返ってくる事例もあるんです。

 

それと悲しい話ですが、防犯カメラを設置して意外と多かった事例は「身内の人間が物やお金を取っていたことが発覚した!」なんてこともあります。

空き巣とかには入られていないけど、家の中に違和感がある場合は防犯用カメラを設置してみるのを検討してみてください。

 

Webカメラで外出中でもリアルタイムでチェック!

自宅にWebカメラ(ライブカメラやネットワークカメラ)を設置することでリアルタイムの自宅の状況を確認でき、子供が無事に学校から帰ってくることをスマホで簡単に確認できることに期待できます。

 

Webカメラは通常の監視カメラにインターネットが繋がったカメラです。

そのため、スマートフォンのビデオ通話のようにリアルタイムで自宅の居間の状況を確認できます。

 

これ便利ですね!

しか

Webカメラにも種類があるけど、リアルタイムで動画を撮影するのと、一定時間の間隔を空けて写真を撮ることができる定点カメラタイプがあるよ。

かめこ

Webカメラの導入で「いつも帰ってくる時間にいない!」「部屋が荒らされた形跡がある!」などなど、問題にすぐに気づくことができます。

もちろん普通の防犯カメラよりは少し高価になりますが、その分問題発生時の早期発見に期待できるためおすすめです。

 

玄関前のダミーカメラでもいたずら防止への効果が期待できる

玄関前に防犯カメラ(ダミーカメラ)を仕掛けることで、不審者が自宅に忍び寄ることを事前に防ぐことに期待できます。

 

カメラというのは、ウキウキで撮られているとき以外に自分に向いているとどうしても気になったり不快に感じるものです。

ショッピングモールや駅構内の監視カメラに視線がいくのと同じようなイメージですね。

 

玄関前に防犯カメラを設置すると、空き巣を狙っている人は「この家は警戒心が強そう」など思い、空き巣対象の家から除外することに期待できます

 

ダミーカメラでも効果はあるけど、おもちゃみたいのはおすすめしません。
LEDライトが点いたり、カメラの首が動く本物っぽいやつをおすすめします!

かめこ

自宅に監視・防犯カメラを設置する時の注意点【大切なのは家族への思いやり】

壁に設置された防犯カメラの画像

ここでは防犯カメラを自宅に設置する前に注意するべき3つを紹介します。

 

防犯カメラの設置は不審者からリスクを未然に防げるのと同時に、別の意味でリスクを背負うことにもなりかねません。

一体何ために防犯カメラを設置するのか? その理由を再確認しましょう。

 

防犯カメラ設置前にあらかじめ家族に相談すること

防犯カメラの設置前には、あらかじめ家族に「防犯カメラを設置するよ」と相談することです。

 

いくら可愛いわが子が心配だからといって、家族に無断で監視・防犯カメラを設置するのはプライバシーの侵害になるからダメです。

家族であっても場合によってはあなたのパートナーに訴えられたり、カメラの存在を知らなかったことが原因で不審者やストーカーに入られたと勘違いするケースも考えられます。

 

そのようにならないためにも、カメラ設置前に相談してから設置してくださいね。

 

屋内カメラの存在は家族だけの秘密にすること

2つ目は屋内カメラの存在を家族だけの秘密にすることです。

 

理由は、2つあります。

  1. 第3者にカメラの存在を知られることで、情報が洩れる心配がある
  2. 第3者がカメラに映らないように部屋に侵入する可能性がある

 

兄弟や親戚などでも大丈夫だと思ってたけど、実は不法侵入してたのは親族だったなんてこともあります。

「徹底的に子供を守りたい!」「身内の行動が不安だ……」

 

このような不安材料を減らしたければ、防犯カメラの存在は家族内だけの秘密にしてください。

 

屋外カメラはプライバシーの侵害にならないように設置場所の配慮をすること

屋外に設置する防犯カメラは、映る相手のプライバシーの侵害にならないように設置場所に配慮が必要です。

 

例えば玄関前にカメラを設置する場合、向かい側の家が映るよう設置してはいけません。

もう1つ例を挙げると、屋外にカメラを設置する場合は「防犯カメラを設置してます」などの張り紙が必要です。

 

これはショッピングセンターなどをイメージすると理由が分かると思います。

防犯用の監視カメラを設置している付近、もしくは店舗の掲示板などに「防犯目的で店舗に監視カメラを設置しております。」などの張り紙があるのと同じで、顔などが映る場合は相手の個人情報を撮っている(盗撮)と判断されるためカメラを設置しているよということを開示する必要があるんです。

 

これは普段のカメラ撮影をするときも注意しなくちゃいけないポイントですよね!

しか

マナーを守って撮影することが大事です!

かめこ

簡単に設置できるおすすめの自宅用防犯カメラは2つ!

ここでは子供の危険から守る防犯カメラで、簡単に設置できるおすすめのカメラを2つ教えます。

  • コスパも良いスマホで遠隔監視できるWebカメラ
  • 本物っぽいダミーカメラ

 

順番におすすめの理由と期待できることを説明していきますので、家族に合ったカメラがどれか選んでくださいね。

 

スマホで遠隔監視できるWeb(ネットワーク)カメラ

おすすめするカメラの1つ目は、スマホで遠隔監視できるWeb(ネットワーク)カメラです。

 

※費用対効果が一番良いおすすめのカメラです。

 

Lefun ネットワークカメラでできること

  1. 動体検知で動きを感知し自動で記録を開始する
  2. 物が動いたら登録したスマホにアラームがくる
  3. 子供の帰宅時間に合わせて録画開始~終了時間の設定ができる
  4. 暗視機能で夜中でも家を監視できる
  5. 専用アプリで子供と音声通話ができる

などなど、1台で通話機能まで入っているカメラです!

しかも丸みを帯びたかわいらしいデザインでインテリアとしてテーブル置くだけでちょっとおしゃれに使えるのも特徴の1つでおすすめです。

 

1万円以上すると思ってたけど、そんなにしないんですね!

しか

どこまで性能を求めるかにもよりけど、最近のはそこそこの値段でクオリティも高いからコスパがいいんだよね。

かめこ

本物っぽいダミーカメラ

2つ目におすすめするカメラは、いかにも本物っぽい防犯カメラ(ダミーカメラ)です。

 

ダミーカメラは映像を記録できないため比較的安価に入手できます。

 

おすすめしているダミーカメラは、電池駆動するのはもちろんですがソーラーパネルも付いているため、電池を入れて屋外に設置することで半永久的にLEDライトが点滅します。

 

玄関前に設置するだけで、不審者が住居に侵入することを事前に防ぐことに期待できます!

かめこ

シールも付いてるから簡単に設置できますね!
この2つを友達に教えてみます!(^^)

しか

【まとめ】子供を危険から守る防犯カメラ

親子の画像

防犯カメラは事件を解決する手掛かりになるほか、未然に危険を防ぐ効果もあります。

 

そんな危険を回避・解決するために今回紹介した防犯カメラは2つです。

  • Webカメラ(ネットワークカメラ)
  • ダミーカメラ

 

※まとめだけ見ている方下記からジャンプしてくださいね。

簡単に設置できるおすすめの自宅用防犯カメラは2つ!

 

どちらも鉄板の防犯カメラで、できることや期待できることが数多くあります。

 

危険というのはいつ差し迫ってくるかはわかりません。不審者は連日テレビなどで情報が飛び交っていますが、家の中のものやお金が知らずのうちに無くなっているのが実は身内の仕業だった……そんなことも実際にあるんです。

 

自分の子供のため、もちろん自分自身のためにも危険や不安を防ぐ・解消するために防犯カメラの設置をしてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
CAMERAコーディネーターのサイト運営者『かめこ』 「写真」を通して見た人の世界を広げられるようにをモットーとし、カメラの使い方などをお伝えしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© かめこ , 2019 All Rights Reserved.