写真好きな人のためのカメラ専門講座

【夜景撮影の基本設定!】三脚なしでもいける?初心者がプロみたいに撮るコツとおすすめの撮り方を紹介

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
CAMERAコーディネーターのサイト運営者『かめこ』 「写真」を通して見た人の世界を広げられるようにをモットーとし、カメラの使い方などをお伝えしていきます。

今回は、初心者が一眼カメラを使って夜景(暗所)を撮影するとき、キレイで映えるプロのような写真を撮るコツをご紹介します。

 

夜景を撮影するのが難しいです!><

しか

日中や室内での撮影の時よりも、夜景での撮影にはちょっとしたコツがいるんだよ。

かめこ

同じようなカメラの設定でもいけないってことですか?

しか

夜景は明るさを取りこむのが日中より難しいかな。
それじゃあ夜景を上手に撮るコツを教えるね!

かめこ

ということで、今回は一眼カメラ初心者でも夜景をキレイに撮影できるコツを紹介していきます。

 

夜景撮影では日中や室内での撮影よりも、明るさを取りこむのが難しいです。

そのため、日中や室内のような明るい環境と同じ感覚で撮影すると真っ暗な写真が撮れてしまうこともあります。

 

そんな難易度が高い夜景撮影を初心者でもプロっぽく撮るための基本的な知識と、応用した知識の両方を詳しく説明していきますね。

 

一眼カメラで夜景をキレイに撮影する3つの前提【夜景撮影の基本】

一眼カメラで夜景をキレイに撮影するには基本的な3つ前提があります。

  1. 三脚を使用すること
  2. ISO感度をむやみに上げない
  3. シャッター速度を落とすこと

もし、今すぐ三脚なしで撮影する方法が知りたい方は下記リンクからジャンプしてくださいね。

【三脚なし】夜景を撮影する時の注意点【ブレ対策】

 

順番に3つの前提を説明していきますので、じっくり夜景撮影の知識を吸収してくださいね。

 

夜景をキレイに撮影する前提1:三脚を使って手ブレ無くす

夜景撮影では三脚を使用することが大前提となります。

 

三脚を使用することで得られること

  • 手ブレを気にする必要がなくなること
  • 被写体をどう撮るか集中できること
  • 明るいキレイな写真を撮ることができること

 

これらのことが得られるため、夜景をキレイに撮影できるまずは三脚を用意してください。

 

夜景をキレイに撮影する前提2:ISO感度を無理に上げない

夜景撮影では、日中よりISO感度を上げた設定にするのが基本だと思っている人が多いですが、三脚を使用する場合は逆です。

基本的に三脚を使用する場合、「ISO感度=100 or 200」でOK。

Question:ISO感度とは?

光をどれだけ敏感に取り込むかを表したもの(数値)です。

 

ISO感度を上げると、より明るい写真を撮ることが簡単になります。

が、その反面過敏に明るさを感じとってザラつくような低画質な写真になってしまうこともあります。

 

つぶれた光のような写真を撮らないように、ISO感度はむやみに上げないようにしてください。

 

あ、ISO感度が800とかで撮ってました……

しか

なんとなくで合わせて撮るのも良いけど、よりキレイに撮るならISO感度は上げ過ぎないようにね!

かめこ

夜景をキレイに撮影する前提3:シャッター速度を落として長めに光を取りこむ

夜景撮影をするときはシャッター速度を落として長めに光を取りこんでください。

 

これはわかる気がします!
ISO感度を落としてるからその分シャッター速度を落とすってことですよね。

しか

その通りです!
ISO感度とシャッター速度は密接した関係なので、合わせて調整してくださいね。

かめこ

 

まずは4秒くらいをシャッターを開けっぱなしで夜景を撮影してみると、

明るすぎなのか? それとも暗いのか? がわかりやすいので試しに撮影してみてください!

 

【三脚なし】夜景を撮影するときのポイント【ブレ対策】

ここでは三脚なしで夜景を撮影するときの注意点を教えます。

【三脚なし】撮影時のポイント

  • ISO感度を上げる
  • 手ブレがし辛い1秒以下にシャッター速度設定する

 

夜景撮影を高画質でキレイに撮影するためには、なるべくシャッター速度(シャッタースピード)を遅くし、ISO感度を上げ過ぎないことがポイントです。

が、カメラを手に持って撮影する時は、ISO感度を上げてシャッター速度が1秒以下になるよう設定してください。

 

それと、あと1点だけ注意点があります。

それは、ISO感度を上げ過ぎることで写真がザラついて(低画質に)見えてしまうことです。

 

そんなときの対策は、手で持つのではなく石の上や手すりなどの置台になるものに置いて撮影するのがおすすめです。

置台にカメラを置いて撮影することで、手で持って撮影するよりもブレなく高画質でキレイな写真を撮ることも可能になります。

 

おぉ!
たしかにキレイな床とかだったらカメラを置いて撮影しても良いかも!

しか

ぜひ試してみてくださいね^^

かめこ

【まとめ】初心者でもプロみたいに夜景写真をキレイに撮るコツ

夜景が水面に映る画像

夜景をキレイに撮るコツは三脚ありと三脚なしで違います。

 

そして、夜景撮影の一番の敵は「手ブレ」です。

その対策は石や床など何か置台に置くことか、手で持ってISO感度を上げてシャッター速度を1秒以内に抑えることでキレイに撮影することができます。

 

三脚 あり なし
ISO感度 100 or 200 800以上
シャッター速度 4秒程度 1秒以内

上記表を目安にぜひ夜景撮影時に試してみてくださいね!

 

それでは最後まで見ていただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
CAMERAコーディネーターのサイト運営者『かめこ』 「写真」を通して見た人の世界を広げられるようにをモットーとし、カメラの使い方などをお伝えしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© かめこ , 2019 All Rights Reserved.