写真好きな人のためのカメラ専門講座

【一眼カメラ用SDカード】おすすめとSDを選ぶ3つのポイント

WRITER
 
指でSDカードを持つ画像
この記事を書いている人 - WRITER -
CAMERAコーディネーターのサイト運営者『かめこ』 「写真」を通して見た人の世界を広げられるようにをモットーとし、カメラの使い方などをお伝えしていきます。

今回は、一眼レフカメラ・ミラーレス一眼カメラで使用するSDカードの正しい選び方(3つのポイント)をまとめましたのでご紹介します。

 

SDカードって適当に選んじゃダメなんですか?

しか

ダメです(笑)
一眼カメラ用SDカードは下手なものを使うと連写が途中で止まったり、容量不足ですぐに写真を撮影できないこともあるんだよ。

かめこ

えっ!?
連写できないのは困ります! じゃあどれを使ったら良いんですか?

しか

それじゃあSDカードの選び方とおすすめのSDカードを紹介するね。

かめこ

 

ということで今回は、一眼カメラ用SDカードの選び方とおすすめのSDカードが一体どれかを紹介していきます。

すでにSDカードを持っている人でも、サブ用のSDカードを検討する時にポイントを押さえておいてくださいね。

 

選ぶポイントはいいから早くおすすめのSDカードが欲しいという方は下記リンクにジャンプしてください。

おすすめのSDカード

 

SDカード購入前に確認する3つのポイント

疑問符を浮かべる女性

SDカードを購入する前に絶対にチェックしておきたいポイントが3つあります。

  • 容量(サイズ)
  • スピードクラス
  • 転送速度(書き込み速度)

 

このポイントどれもがカメラのパフォーマンスに影響する重要なポイントです。

特に難しい専門用語などは使わないように解説するので、順番に1つずつみていきましょう。

 

ポイント1:容量(サイズ)

SDカードを選ぶ1つ目のポイントはSDカード容量(データ保存できるサイズ)です。

 

一眼レフ、ミラーレス一眼カメラなどはスマートフォンなどのカメラと違い、高画質な写真を撮れるため多くのデータ量を必要とします。

SDに保存できる写真枚数

※SDカードに保存できる写真数の参考値

 

通常のJPEG撮影では32GBもあれば十分ですが、より高画素な保存形式で撮影する場合は64GB以上は欲しいところです。もちろんケースバイケースで容量を選んでおいて大丈夫です。

ただSDカードも故障や、使い込みによる劣化消耗するものなので複数枚持ち歩くことを推奨します。

 

SDカードは精密機器です。
突然保存できなくなるような不足の事態になることも十分あるので注意してくださいね。

かめこ

ポイント2:スピードクラス

SDカードを選ぶ2つ目のポイントはスピードクラス(最低転送速度)と呼ばれる規格です。

 

規格と言われるとわかりません!

しか

SDカードを見たら1目でわかるから画像で説明するね!

かめこ

SDカードの画像

(左)SDカード (右)マイクロSDカード

 

SDカードの赤枠を見てください。

コップの中に1の数字(U1)とアルファベットのCの中に10の数字(Class10)がスピードクラスを表している記号です。

※多くはSDカードの正面に記載されています。(表記がないカードも存在します)

 

U1とClass10の数字はUHS-1とも呼ばれ最低転送速度10MB/sを保証するマークとなります。

つまり、どんなに酷い環境でも1秒あたり10MBはSDカードに書き込めるという意味です。

 

これが例えばアルファベットのCの中に4の数字(Class4)が記載されている場合、1秒あたり最低4MBしか書き込むことができません。そうなると、SDカードが原因で連写撮影ができなかったり、シャッターを切ってすぐにもう一度シャッターを切りたい時撮影できないこともあります。

 

SDカードを選ぶポイントは

  • コップの中に1か3の数字が記載されている
  • アルファベットのCの中の数字が10のもの

 

最近の新しいSDカードはClass10のマークが省略されてコップの中の数字(U1/U3)のみ記載されているものも多いです。

なのでUHS-1に対応したU1/U3のマークのついたカードを選んでおけば大丈夫です。

 

ポイント3:転送速度(書き込み速度)

SDカードを選ぶポイントの最後は書き込み時の転送速度です。

 

転送速度?
さっき説明してたスピードクラスとは何が違うの?

しか

そうだよね、違いがわかりづらいよね。
簡単に説明すると、転送速度は最大転送速度のことだよ。

かめこ

スピードクラス→最低保証速度
転送速度→最大転送速度

 

転送速度は2種類あります。

  1. 読み込み速度
  2. 書き込み速度

 

スピードクラスと同様に、連写撮影に一番大きく影響するのが書き込み時の転送速度です。

書き込み時の転送速度は多くのSDカードには表記されていません。SDカードを作っているメーカーも公表していないものが多いのが実情であるため、実際に使ってみないと最大転送速度はわからないものがほとんどです。

(一部公表しているメーカーもあります。)

 

そのため、最大転送速度の良いSDカードを選ぶポイントは

  • 純正メーカー製であること
  • 口コミの良いSDカードを選ぶこと

 

この2つが重要です。

純正メーカー製だと思っても実は純正メーカーに偽装したSDカードも市場に出回っているので注意が必要です。インターネットで購入する場合は口コミを見て購入するか判断が必要となります。

 

ちなみにSDカードに転送速度が記載されているものもありますが、読み込み時の転送速度のため参考にしかなりません。

SDカードの画像2

※「80MB/s」という表記が読み込み時の最大転送速度を表しています。

 

転送速度のことはなんとなくわかりました。
で、結局どれを選べば良いんですか?

しか

私がおすすめする一眼カメラ用のSDカードを紹介しますね。

かめこ

おすすめのSDカード

私が一番おすすめするSDカードはSanDisk製のものです!

※もちろんSDカードのサイズは32/64/128/256GBとサイズが選べます。

 

SanDisk社はSD業界でも市場に流通しているカード数・SDカードの信頼度ともにトップクラスであるためおすすめです!

SDカードにはランクがあります。中でもExtreme Proが書き込み転送速度も早いです。それに3年間のメーカー保証も付いているのがおすすめのポイントです。

 

128GBを一枚持っておくと安心ですね。

かめこ

 

東芝製のSDカードもおすすめですが、SanDisk製と比べると少し割高になってしまいます。

 

【まとめ】SDカードの選ぶポイントとおすすめのSDカード

一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ用のSDカードを選ぶポイントとおすすめのSDカードを紹介しました。

 

SDカードを選ぶポイントは

  • SDカードの容量(サイズ)が小さすぎない(64GB以上がおすすめ)
  • UHS-1に対応したカードである
  • 最大転送速度が早いこと

 

これらを全て満たしているのが

 

この2つのカードとなります。

新しくSDカードを購入するときやサブ用のSDカードを選ぶときはぜひ参考にしてくださいね。

 

 

それでは最後まで見ていただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -
CAMERAコーディネーターのサイト運営者『かめこ』 「写真」を通して見た人の世界を広げられるようにをモットーとし、カメラの使い方などをお伝えしていきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© かめこ , 2019 All Rights Reserved.